SSブログ

mamia。裏と表。 [sensitivity]


Facebookのアカウント持ってはいたけど
ずっと怖くて稼働させずにいた
なんとなく
その時期が来たのかな、って感じたから
公開して友人に見つけてもらえるようにした

職場の後輩から
中学の友人から
そこそこ友達申請が来て
「つながる」ことへの恐怖感みたいなものが
ちょっとだけ変わった気がした


今までの「見つけられたくない自分」は確かに存在して
いまも根強く存在して
だけどその一方で
自分がきちんと自分の力で生きているんだ、ということを
きちんと自分の友人知人に知ってもらいたかったりと
複雑な心境は変わってはいないのだけど

今の職業である以上
情報や横のつながりは必要不可欠で
知識や現状把握にSNSは有効なツールであることは
疑う余地がなくて

友人知人の確固たる信念や活動を見て
自分もそうありたい、と思う反面
そんなのをアピールしてどうなる、という
意地悪な自分もいて

だけど、それが自由なんだ、ってことが
それが表現なんだ、ってことが
どうやら私にも感覚的にわかってきたみたい

必要なものだけを吸収し
今必要でないものや悪しきものは
別に気にしなければいいだけのこと  
情報の取捨は自分の判断でできること

そう思ったら
少しだけ楽になった

Facebookだけで自分が語られるわけでもなく
ここで
こうつぶやき続けている自分も確かに自分で


表mamiaと裏mamiaがあるとすれば
ここはたぶん裏mamiaで
すごく深い部分で裏mamiaで
表mamiaは公的なmamiaになってくるのだろう

なにも変わるわけではなく
表裏あってのmamiaだというだけのこと
これまでの表mamiaはあまりに臆病すぎて
その臆病さゆえに裏mamiaに依存し続けていたから
この辺で少しだけ表に出てがんばらないと


表mamiaを知っている友人は
裏mamiaを知ることがなく
裏mamiaを知る人は
表mamiaを知ることがなく

それが可能になったことは
私にとっては幸運なのかもしれない




公的な私が
こんなに闇の部分を持っているとは
だれも思っていないところが
またなんとも言えないんだけどね。

きっと誰にでもある
裏と表。




nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

てがみ。ふたりだけの同窓会 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。